車の鍵にも種類がある!難しい鍵トラブルも解決できる鍵屋を選ぶ

イモビライザーの見分け方~車の鍵のタイプを知っておこう~

車の鍵

一口に車の鍵と言っても主に3つの種類があります。通常のリモコン付きのキータイプの他に、防犯機能を高めたイモビライザーキータイプやスマートキータイプがあります。車の鍵トラブルを解決する際は、車種以外に車の鍵の種類も大事になってくるのです。

車の鍵には3つのタイプがある

リモコンキー
一般的にキーレスエントリーシステムに使用される車の鍵です。リモコンで車のドアの施開錠が行なえます。エンジンの作動には、従来通り機会式の鍵を使用します。「ワイヤレスキー」とも呼ばれている鍵です。リモコンが反応しないという場合は、中の電池を取り替えましょう。鍵屋でも電池交換を行なっています。
スマートキー
リモコンキーとの違いは、車のドアの施開錠だけでなくエンジンの作動もワイヤレスで行なう点です。各メーカーで呼び方が異なっており、「インテリジェントキー」「キーフリー」「アドバンスキー」などと呼ばれることもあります。現行のほとんどのスマートにはイモビライザー機能も併せて搭載されているため、防犯性も高くなっています。
イモビライザーキー
キー内部に記憶されたIDと車本体のIDが一致した場合にのみエンジンを作動させることのできる鍵です。イモビライザー機能はあくまでも防犯機能であり、単体で車のドアの施開錠を行なうことはできません。見た目はリモコンキーに似ています。現在、ほとんどのリモコンキーやスマートキーに、イモビライザー機能が搭載されています。

イモビライザーか見分ける方法

車にあまり詳しくない人であれば、自分の車の鍵がイモビライザーキーなのか普通のリモコンキーなのか見分けが付かないということもあるでしょう。現に、スペアキーを作ってもらったらエンジンがかからなかったという鍵トラブルも発生しています。イモビライザー機能がついているかどうか判断するためには、「トランスポンダー判別機」というものが必要になります。しかし、現在この判別機を置いている鍵屋はあまり多くありません。そこで、車体の目視で確認する方法があります。イモビライザー機能を搭載した車のメーター付近には、「インジケーターランプ」が取り付けられています。鍵を差し込んでいない状態で、このランプが点灯又は点滅している場合は、該当車両です。

業者によって、対応できる鍵の種類には違いがあります。スムーズに対応してもらうためにも、車の鍵タイプを把握しておきましょう。電話相談の際は、車の鍵の種類について伝えておくことも大事です。

TOPボタン